口コミで人気のわきがクリーム徹底比較 HOME » わきがに関する悩み・疑問を解決 » 原因とメカニズム

原因とメカニズム

こちらのページでは、わきがの原因やにおいについて解説します。

わきがの原因って?

独特の鼻につくにおいを出すわきがですが、その原因は「汗」にあります。もともと汗には臭いがないのに、わきがの人の汗はなぜ臭いのでしょうか?

そもそも、人間の汗を出す器官には2つの種類が存在します。

その一つが「エクリン腺」。こちらから出る汗は水分と塩分で構成されており、においもありません。

しかし、もう一方の「アポクリン腺」から出る汗には脂質、タンパク質、糖質、アンモニアなどが含まれており、これらが皮膚にある常在菌に分解され、わきが特有のにおいとなります。

ここに皮脂が混入することでにおいはさらにきつくなります。 そして、汗が蒸発するときに、においを拡散させ、体全体が臭いと感じてしまうのです。 特に、わき毛が多く生えていると、わきの下が湿ってきて、細菌が繁殖しやすくなり、においが強くなります。

欧米と日本のわきがへの考え方の違い

日本人は清潔好きで知られています。毎日入浴する習慣がある国は世界中を見てもそれほど多くありません。

例えば、欧米ではシャワーを浴びて身体を清潔に維持する習慣がありますが、香水と体臭をミックスさせて臭いを演出します。

一方、日本人は、体臭や香水などにおいに敏感な民族であるため、わきがそのものを嫌悪する傾向にあります。欧米などでは、一般的にわきがの臭いを減らす治療を行っていますが、日本では臭いをシャットアウトする治療を行っています。

食生活によりわきがの臭いが強くなる

欧米人にわきが体質の方が多いのは食生活によるものです。欧米人が好む肉類などの脂肪が多いものには、アポクリン腺を活性化させる働きがあります。

一方、穀物や野菜、魚を中心とする和食には、ビタミン、ポリフェノールなどのわきが改善に役立つ成分が豊富に含まれています。

わきが体質の人が欧米人に多く、日本人に少ないのは、これら食生活の習慣の違いによるものが大きいとされています。

しかし、近年は日本でも食生活の欧米化が進み、わきがのにおいは強くなっています。ただし、生まれつきアポクリン腺の数は決まっているため、食生活によりアポクリン腺が活性化することはありますが、アポクリン腺が増加することは決してありません。

そのため、わきがの臭いが気になるのであれば、野菜を積極的に食べるなど、食生活を見直すことが非常に効果的です。

ワキガ対策に口コミ評判の良いおすすめわきがクリームはこちら!
ページの先頭へ ▲