口コミで人気のわきがクリーム徹底比較 HOME » わきがに関する悩み・疑問を解決 » 多汗症との違いとは

多汗症との違いとは

こちらのページでは、わきがと多汗症の原因と違いについて解説します。

わきがの原因

わきの下は、表皮、真皮、脂肪層の3層から成り立っており、そこにはアポクリン腺とエクリン腺という汗腺があります。

わきがの原因になるのがアポクリン腺、多汗症の原因になるのがエクリン腺です。

わきがの原因はアポクリン腺から分泌される汗です。アポクリン腺から分泌された汗には脂肪やたんぱく質を含むため、皮膚に存在する細菌が脂肪やたんぱく質を分解し、わきが臭を発生させます。

アポクリン腺はその他に乳首、耳の中、へそ周辺、外陰部、肛門にもあり、耳垢が湿っている方はわきが体質であるといわれています。

一方、エクリン腺から出る汗はほとんど水で占められているため、臭いを発生させることはほとんどありません。

しかし、エクリン腺から出た汗でわきの下が湿っていると、細菌が繁殖しやすくなり、アポクリン腺からでた汗による臭いが強くなってしまいます。

多汗症の原因

人間の体内から流れる汗はエクリン腺から分泌されています。

エクリン腺が発達している方や、緊張などでエクリン腺が活性化すると、わきの下などに大量の汗をかくようになります。これが多汗症です。

このように多汗症は、体質が原因となっているもの緊張によるものに分けられます。

その他に、生活環境の変化などによっても多汗症を引き起こすこともありますが、これは一時的なものとなっています。特に、生活環境が原因となっている場合、その環境に慣れれば改善します。

服に黄ばみがみられるのが「わきが」

エクリン汗腺から分泌される汗は水分と塩分でできているため、きついにおいを発することはなく服が黄ばんでしまうことはほとんどありません。

アポクリン汗腺から分泌された汗はにおいがきつく、服が黄ばんでしまうことが特徴となっています。つまり、汗によって服が黄ばんでしまう場合、わきがが原因であるということができます。

ワキガ対策に口コミ評判の良いおすすめわきがクリームはこちら!
ページの先頭へ ▲