口コミで人気のわきがクリーム徹底比較 HOME » 自分でできるわきが対策 » 効果的な食材を摂る

効果的な食材を摂る

こちらのページでは、わきがを改善させる食材や食事について解説しています。

食事でわきがを改善

ある統計によると、わきがの方の2割が食事にも気をつかっているとのことです。

食事の改善だけでわきがを完治させることはできませんが、臭いをある程度抑えることは可能です。

脂質や刺激物を避ける

アポクリン腺から出る汗は、脂質から作られるため、脂質を摂りすぎると、アポクリン腺が活性化し、臭いもきつくなります。

特に、動物性の脂質はアポクリン腺を活性化させるため、動物性の脂質を摂りすぎないことが大切です。肉類、揚げ物、バター、チーズ、卵には動物性の脂質が多く含まれています。

ただし、脂質を全く摂取しなくても皮膚が弱くなり、臭いを防ぐ働きを持つ皮脂膜が弱くなります。そのため、動物性の脂質は適度に必要です。

それから、キムチ、激辛料理、エスニック料理など刺激の強い香辛料を使った料理も、アポクリン腺を活性化させます。こちらは、食べなければ臭いを抑えることは可能ですので、できるだけ避けるようにすることをおすすめします。

わきが改善におすすめの食材

わきがの臭いを抑える食材といえば、梅干しです。梅干しはアルカリ性の食品の代表で、肉などの酸性食品を中和する作用があります。

また、梅干しは優れた抗菌作用も持っているため、血液を弱アルカリ性にすることができます。ただし、梅干しには塩分が多く含まれているので、1日2個を限度に食べるようにしましょう。

メカブもわきが臭を抑えるためにおすすめします。アルカリ食品で、ミネラル分が豊富であるため、デトックス効果が期待できるのです。さらに、中性脂肪などを抑える不飽和脂肪酸を多く含むため、肉を食べる場合、同時にメカブも摂取すると良いでしょう。

緑茶も優れた抗酸化作用を持つため、高い消臭効果が期待できます。カテキン以外にも、ビタミンCやビタミンEなどの消臭成分を含んでいます。

献立全体としては、魚介類中心の和食もおすすめします。和食は、穀物と魚介類、旬の野菜をふんだんに含むため、わきが予防に効果が期待できるのです。

ワキガ対策に口コミ評判の良いおすすめわきがクリームはこちら!
ページの先頭へ ▲