口コミで人気のわきがクリーム徹底比較 HOME » 自分でできるわきが対策 » 汗や細菌をおさえる

汗や細菌をおさえる

ここでは、わきがの対策として有効な、汗や最近を抑える方法を解説していきます。

知っておきたい「汗の種類」

汗にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺から発する2種類のものがあります。

エクリン汗腺は全身に200万個ほどあり、ここから出る汗の99%が水分で、残りが塩化ナトリウムなどの塩分です。

水分含有量が多いため、この汗は無臭で、体温調節の役割を果たしています。

アポクリン汗腺は、わきの下、耳、おへその周りなど体毛が濃い部位に存在し、そこから出る汗には糖質、たんぱく質、アンモニアなどが含まれます。

粘性が強く、細菌がつきやすいという特性があり、この汗に含まれる成分を細菌が分解する際に、強い腐敗臭が発生します。

そのため、アポクリン汗腺が多い方や、アポクリン汗腺の働きが活発な体質の人は、きついにおいを発しやすくなってしまうのです。

わきがの原因を理解し、弱点を知る

アポクリン腺から出た汗は、わきがの原因となっています。

そして、わきが臭は汗そのもののにおいではなく、常在菌が汗に含まれる成分を栄養として増殖するために発生します。

アポクリン腺から出る汗には、タンパク質やアンモニアなどさまざまな成分が含まれているため、独特の臭いが発生します。

つまり、わきがの原因菌は常在菌。体に常に住み着いている菌であり、悪玉菌ではありません。

この常在菌は、汗を分解するとともに、それを栄養として増殖し続けます。これがわきが菌です。そして、コリネバクテリウムや表皮ブドウ菌が、特にアポクリン腺から出た汗を好むとのことです。

コリネバクテリウムはわきがの人の体に多く存在しています。これらの細菌は他の細菌と同じように、乾燥にとても弱く、湿度を好むという性質があります

細菌を減らすためには

細菌を繁殖させないためには、わきが菌が汗と混ざる前にブロックするのが有効です。まずは、こまめにわきの下を拭くことから始めましょう。

例えば、汗をかいたら、殺菌効果があるウェットティッシュで拭くようにしてください。

また、毎日入浴し、汚れと皮脂を溜めないこと、ゴシゴシ洗わないこと、すすぎをしっかり行うことが大事なポイントです。

ゴシゴシ洗い過ぎると、肌が乾燥し、余分な皮脂が分泌され、悪臭が強くなってしまいます。また、洗浄成分を餌に増殖する黄色ブドウ球菌を繁殖させないためにはすすぎをしっかり行うことが大切です。

ワキガ対策に口コミ評判の良いおすすめわきがクリームはこちら!
ページの先頭へ ▲