口コミで人気のわきがクリーム徹底比較 HOME » 自分でできるわきが対策 » 衣類の洗濯と手入れ

衣類の洗濯と手入れ

このページでは、わきがでお悩みの方へ向けて、自分でできる衣類の洗濯方法を紹介します。

わきがの臭いの付いた衣類は家庭で洗濯すべき

ドライクリーニングでは、頑固な汚れや臭いが落とせそうなイメージがありますが、衣類に付いてしまったワキガのにおいを落とすことは難しくなります。

なぜかというと、クリーニング工場ではたくさんの衣類を洗っており、その中にはわきがの臭いが付いたものがたくさん混じっていることもあります。

最後の仕上げ工程でスチームで衣類のしわを伸ばす際、ワキガ臭のついた洋服だと、スチームとわきがの臭いが同時に舞い上がって、わきがのにおいを落とすことができません。

もし、衣類についてしまったわきがの臭いを落としたいのであれば、家庭で洗濯することをおすすめします。

水洗いや漂白で、においを多少は除くことが可能です。水洗いで臭いを取り除き、それでも取れなかった臭いにスプレー漂白を行ってください。

衣類が濡れている状態でスプレー漂白液をつけ、自然乾燥させます。スプレー漂白液をつけたら、時々衣類を確認し、臭いが取れていないようでしたら、また、スプレーをします。なお、スプレーをすることで色落ちが起こった場合は、すぐに水洗いで落としてください。

その後、軽くすすいだり、洗ったりして、自然乾燥をします。漂白で色落ちすることもありますので、事前に必ず、漂白テストをすることが大切です。この方法は家庭で洗える衣類に有効であるため、その他の衣類はクリーニング店に相談するようにしてください。

臭いを取り除くには、液体酸素系漂白剤による全体漂白も効果がありますのでおすすめです。

衣服が黄ばむ原因

アポクリン汗腺から、汗に交じって脂質や脂肪酸・タンパク質・ステロイドが分泌されます。

そして、リポフスチンという色素も汗の中に含まれ、このリポフスチンが黄ばみの原因となっています。わきがの方は、アポクリン汗腺が多く、色素成分もたくさん分泌されるため、黄ばみが起こりやすくなっています。

黄ばみを取るには?

わきがにより付いてしまった黄ばみを取るには、重曹が有効です。漂白作用があるため、試してみることをおすすめします。重曹は食品にも使用されているため、安全性の高い成分です。

500mlのペットボトルに大さじ1杯の重層と水を入れ、重層を溶かします。洗面器などの容器に重層水を入れ、黄ばみのある部分を一晩つけ、洗濯すると良いでしょう。

それから、皿に重曹を少量入れ、重層と同僚の液体酸素系漂白剤を入れ、よく混ぜたものを塗ることも効果的です。その後、スチームアイロンを使用し、洗濯をします。この方法ではかなり漂白力が強くなるため、色柄物にはこの方法を適用しないようにしてください。

ワキガ対策に口コミ評判の良いおすすめわきがクリームはこちら!
ページの先頭へ ▲