口コミで人気のわきがクリーム徹底比較 HOME » 医療機関で行っているわきが治療 » ボトックス注射

ボトックス注射

こちらのページでは、ボトックス注射によるわきが治療について解説します。

ボトックス注射とは

ボトックス注射は、ボツリヌストキシンを注入させる方法で、アンチエイジング、わきがや多汗症に有効だといわれています。

このボツリヌストキシンは、わきがの原因であるアポクリン汗腺と汗を発するエクリン汗腺の活動を抑制させることができます。

これにより、汗の量が減り、臭いも出なくなるとのことです。特にわきがが気になる夏に向けて対策するのであれば、6月頃にボトックス注射を受けることをお勧めします。

また、ボトックス注射を何度か繰り返し受けると、アポクリン汗腺とエクリン汗腺が凝縮し、汗やにおいが激減するともいわれています。

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射のメリットは、1回あたりの治療費が安いということです。また、他の方法では、傷痕が残ったり、炎症や腫れなどのダウンタイムが生じるといったデメリットがありますが、ボトックス注射にはダウンタイムはありません。

また、ボトックス注射の効果は数日後にあらわれます。徐々に汗腺の働きが抑えられていくので、徐々に臭いも弱まっていきます。そのため、周囲にも治療を受けたことが気づかれにくい事が特徴です。

ボトックス注射のデメリット

ボトックス注射は手軽に受けられる治療法ですが、一度打てば永続的に効果が続くわけではなく、汗腺を抑制できるのは半年から一年とのこと。

実際に施術を受けた方の口コミによると、早い人は3か月、持続しても半年という方が多いようです。

ボトックス注射は繰り返し受けることで、永続的な効果も期待できます。他の施術よりも1回の費用は比較的安く上がりますが、注射のたびに料金が発生します。

そのため、外科手術やミラドライを受けた方が結果的に安く済む場合もあります。また、ボトックスを何度打ってもわきがが再発する人もいるとのことですので、これらのメリットとデメリットについて考慮したうえでボトックス注射を受けるようにしてください。

ワキガ対策に口コミ評判の良いおすすめわきがクリームはこちら!

この記事の関連のページ

ページの先頭へ ▲