口コミで人気のわきがクリーム徹底比較 HOME » 医療機関で行っているわきが治療

医療機関で行っているわきが治療

わきがは医療機関で治療することも可能です。もし、臭いで悩んでいるのであれば、病院を受診するという選択肢もあります。

治療は、皮膚科、形成外科、美容外科で行っています。こちらのカテゴリーでは、医療機関で受けられるわきがの治療法をいくつか紹介します。

ボトックス注射

ボツリヌストキシンをわきの下に注射し、一時的に汗の量を減らす方法です。この方法はエクリン腺に作用するため、過度な緊張やストレスによる発汗、または多汗症により臭いが強くなっている方におすすめの方法です。

ボトックス注射はわきがの臭いそのものを抑えることはできませんが、発汗量を減らすことで臭いを減らすことは可能です。

手術(剪除法)

わきの下を切開し、アポクリン腺を除去する方法で、わきがの治療には高い効果があると言われています。

ミラドライ

ミラドライは、マイクロウェーブで汗腺に作用させることでわきがの悩みを解消します。皮膚を傷つけない治療法として近年は注目されています。

マイクロウェーブとは、電子レンジでも使用されているマイクロ波を用いて、水分に反応させることで熱エネルギーを発生させます。

そして、この熱エネルギーをわきの下にピンポイントで照射し、アポクリン腺とエクリン腺を破壊します。これにより、汗の量が減り、その結果として、臭いも抑えることができます。

わきが以外にも、多汗症の治療にも用いられている方法です。こちらでは、それぞれの治療法についてさらに詳しく解説しています。

ワキガ対策に口コミ評判の良いおすすめわきがクリームはこちら!
ページの先頭へ ▲